2018年2月(株式会社福井銀行様,福井市)セミナー・イベントレポート

2018年2月(株式会社福井銀行様,福井市)セミナー・イベントレポート


BASE ライター岸本です。

2月上旬に降雪の影響で、開催が危ぶまれましたが無事開催する事ができました。
各地で降雪で被害を被られた方、謹んでお見舞い申し上げます。

BASEと福井銀行が事業提携を開始 ‐ 福井県提携協力のもと、「幸福度日本一福井県」発の豊かな価値をEコマースで広める ‐

福井銀行とBASEが事業提携を開始 ‐ 福井県提携協力のもと、「幸福度日本一福井県」発の豊かな価値をEコマースで広める ‐を1月10日に発表させて頂きました。

【事業提携の目的と背景】
この度、福井銀行とBASEが事業提携を開始した背景としまして、BASEが運営するネットショップ作成サービス・ショッピングアプリ「BASE」の強みであるEコマース(電子商取引)の観点を活かした地域活性化があります。「BASE」の出店店舗は、自ら商品を企画・生産・製造されている方、また自社ブランド立ち上げの一環としてご利用されている方が全体の7割を超えており、現在では47都道府県で「BASE」を活用したネット個人商店が増加しています。
福井県は、食、技術、歴史、教育などあらゆる「幸」に恵まれた都市で、47都道府県の中で「幸福度日本一」にも選ばれている魅力溢れる地域です。
福井銀行とBASEは本事業提携を通じて、福井県を代表する産業と生活に密着し、地域の潜在的な可能性とITテクノロジーを活用した情報発信力を活かした地域活性を目指します。そして、福井県で生まれる新たな価値の創造と、その価値をより多くの方に広めるPR協同支援活動を展開し、福井県の地域活性促進に貢献してまいります。

福井県の特徴】
越前ガニ、若狭ふぐ、若狭牛やブランドトマト「越のルビー」など、海と山の特産品、約1,500年の歴史を育む越前漆器や日本製メガネフレームの9割を製作する鯖江市、山車を奉納する三國祭りから10,000鉢もの菊の花で彩られるたけふ菊人形など、地域を象徴する歴史ある名産品や行事が数多く存在しています。

福井銀行について】
福井銀行明治32年、地元産業の発展を目的に、地域の有志によって設立されました。「福井の発展のため」という創業時の想いはいまも変わらず、企業理念である「地域産業の育成・発展と地域に暮らす人々の豊かな生活の実現」に引き継がれています。
豊かな自然と高い技術、人々のあたたかさ─福井県は全国に誇れる魅力と「幸」に満ちています。そんな福井県をさらに盛り上げ活性化させていくことが、福井のリーディングバンクである私たちの使命です。その実現のため、新しい金融サービスの提供、起業の全面的なお手伝い、海外展開のサポートなど、「地方銀行だからできる地域活性化」への取り組みを進めています。あわせて、地元自治体と連携した観光振興など、地域一体となった地方創生プロジェクトにも力を入れています。私たちはこれからも、福井の発展と福井に暮らす人々の「幸」のため、お客さまとともに、地域社会とともに歩んでまいります。


この度は、福井の働く女性を応援するWoman's inspiration Library WiL(ウィル)様にて、セミナー開催を行わせて頂きました。
当日お越し頂きました方、誠にありがとうございました。



▼【FUKUI✕BASE】BASEご開設希望の方は、こちらからご開設が可能です。
thebase.in






当日は、以下の点をお話させて頂きました。
・購入者が欲しくなる仕掛けをつくる
・購入者の気持ちになって対応する
・購入者を呼び込む

f:id:andbase:20180223144933p:plain



また、初めてネットショップをはじめられる方向けのお話をさせて頂きました。

f:id:andbase:20180223145356p:plain



その後、BASEのカンタンな最初の操作方法をご説明させて頂きました。
また、実際にパソコンを持ち込まれた方は、その場で早速始めて頂きました。
f:id:andbase:20180223155503j:plain

現在BASEでは、
①ショッピングアプリ「BASE」の有効性、
②マルチチャネルのタッチポイントを増やす
この2点にも注力させて頂いております。

①ショッピングアプリ「BASE」の有効性

f:id:andbase:20171025134139p:plain
①ショッピングアプリ「BASE」の有効性

・メルマガという従来の手法から、新たなアプリだからこそのプッシュ通知の有用性
スマートフォンバイスの普及により、流行っているサービスをしっかりと利用
・1つ1つ地道に行うことが成功への近道であること

②マルチチャネルのタッチポイントを増やす

f:id:andbase:20171025134126p:plain
②マルチチャネルのタッチポイントを増やす

・実店舗で見て、ネットショップが買う。ネットショップで見て、実店舗で買う。双方必要な事なので、相反するものではなく両立するものだと考えています。
・BASEは、QRコード決済を提供し、従来の高価な非接触端末を持たなくても、スマホがあれば決済が可能な環境を用意させて頂いております。